QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
法春(ほうしゅん)
法春(ほうしゅん)
cryptobiosis.kumamushi@gmail.com

2017年03月04日

GATE TITAN 海外製モーター(?)によるトラブル回避方法



ブログ放置プレーしていました。
この時期やっぱり忙しいです。
TITANのコンフィグやファームウェア更新していたら、法春の煩悩を直撃するようなゲームが発売…(・ω・)

「NieR:Automata」(ニーア オートマタ)
主人公の2Bが脳裏から離れません。
真剣に自宅のブラウン管テレビ29型を買い換えて、液晶テレビ50型+PS4衝動買い寸前でした。

3月17日にWindows版が出ると聞いて、じっと辛抱たまらんしています。

2Bのお尻+脚に加え、コスチュームやモーション、動きや肉感までもが素晴らしいっす。



またブログしばらく放置プレー確実だな。
ニーアしながらTITANの調整をPCでやるって、もうなんか廃人一直線だ。

さて、そのGATE TITAN。
なんか、マルイ純正のモーターでは発生しないトラブルが、海外製モーター(LONEX G&P etc.)で発生しているとのこと。

トリガー引いても反応しないトラブルが法春の銃でも発生しました。(しばらくはなかったのですが、ある時から急に発生。)

ファームウェアのバージョンupで省エネ対応になったらしいのですが、トラブル対応については確認していません。
そこで念のためにハード面から対策をしておきたいと思います。

マルイ純正モーターと海外製モーターの違い。

パッと思いついたのは、コミュ付近の固定方法。
海外製モーターはセルフタップのネジがブラシ付近にあるのが、大きな違いです。

アクティブブレーキ系のアークで、ノイズが発生してエラーとなっているだろうと妄想というか予測。

(私のTITANは並行輸入版ですので、ご了承ください。)

仮説を立てたあとは、検証あるのみ。

モーターの片側のセルフタップネジを外して、ミリネジ3mmタップ立てて、ポリカネジを装着。


タップ立てるときは完全分解して、キリコがモーターに入らないように注意です。



手前のネジが透明なプラネジになっているのが見えると思います。

ちなみにこのモーターはZC LEOPARDのトルクアップモーター。LONEX A2とまではいきませんが、コスパ高い良いモーターです。

このモーターの欠点は、ピニオンギアですね。
D型のピニオンはなかなか鳴きが…。



このACE製は、割とノイズ低いです。
ちなみに使っているギアはZC製。

プラネジ換装して試射したら、トラブルは発生しませんでした。熱の問題もあるので安心はできませんがしばらくは検証作業継続です。


あと、TITANのメリットは「トリガーストロークを短くできる」ことなのですが、これをハード面でも引き立てるためにトリガーストロークキャンセラー加工しました。



トリガーストローク1mmで発射。3mmが引きしろです。
適当に2mmのタップ立ててネジ入れてます。
これでセミ連射が楽にできます!

ブログは放置プレーですが、最近はTwitterでちょこちょこネタあげてます。
  
Posted by 法春(ほうしゅん) at 18:16Comments(2)

2017年01月18日

GATE TITAN ヤフオク出品予定



新型ホップVer3.0があまり成果でなくて凹んでいる法春です(;_;)
しかし「失敗は成功のもと」と言うように、貴重なデータが得られたので良かったです。
Ver2.0→2.1に進化させる方がよいことが判明しましたので、もう少し詰めていきます!

さて、並行輸入したGATE TITANですが、1つ余ったのでヤフオク出品しようと思っています。
知人で買う人がいないか数名交渉中ですので、その結果次第ではありますが、来週の月曜日あたり出品予定です。

あくまでも並行輸入品ですので日本語マニュアルなんてありませんがな(笑)
11.1V以上で使う人だったら安いのでオススメです。(もちろん自分の銃で7.4Vでも動作確認はしました(^-^) 問題なしこちゃんでした。)



いつ出品するかは確定ではありません。
ご了承ください。  
Posted by 法春(ほうしゅん) at 20:58Comments(0)雑記

2017年01月13日

新型ホップVer3.0



更新、放置プレーしていました。
仕事が究極忙しくて、イジメかいな?と思ってしまうレベル。
正月明けてやっと落ち着きました。
年度末、また忙しくなるんだろうなぁ。

GATE TITANも後回し。
クルマのフルコンと同じで、ある程度現物のセッティングが出てから、最後に組み込む予定だったので。

さて、私のイメージの世界の中でずっと試行錯誤していた新型ホップ機構Ver3.0。
ようやく施工工程に目処が見えてきたので、これまた試行錯誤×100作ってみました。

出来上がった新型ホップ機構Ver3.0は一言でいうと抜弾抵抗スペシャル!
ホップ回転かけるためのホップシステムと抜弾抵抗をかけるためのホップシステムのバランスを見直して、直進弾道の距離をあげることができました。
(∀`*)ゞイヤァ苦労した!

まだまだ完成形と断言できる状況では無いのですが、これからセッティングを詰めていきます!



これが新型ホップVer2.0。
ぱっと見わかりにくいっすね。  

2016年12月03日

GATE TITAN 買ったった!



個人輸入で注文していたGATE TITANが届きました。
諸特権?で20%割引
だけど送料、関税もろもろで合計18000円くらい。
頼まれていた分もあったので3個購入。



今は仕事がムチャクチャ忙しいので、インストールは後日…(;_;)
  

2016年10月24日

電動ガンのホップパッキンについての検証1



週末にかけて、これまで徒然書いてきた内容(仮説)について、一部検証を行ってきたことを書いていきたい。

電動ガンにガスブロやVSRタイプの切り欠き仕様であるバレルを入れてみた。
目的は

①「ノズルが押し出したBB弾が毎回、定位位置にセットされているか」

②「ハイブリッドチャンバーの特徴であるホップ回転をかける凸部(以下、凸部)の形状は有効であるか」

という2点を検証するためである。





これは電動ガンではなくG17用のPDIパルソナイトバレルである。
ダイアモンドツールとゴム砥石で切り欠き部を縦長に拡大した。

ホップチャンバーは、うましか甘口を使っている。

検証用というより、比較用といったところか。



検証
①「ノズルが押し出したBB弾が毎回、定位位置にセットされているか」

さて、この仮説については、まずガンジニアがYOUTUBEにアップしている動画が発案のベースとなっている。
その動画とは、電動ガンのノズルの動きをハイスピードカメラで撮影した動画である。
ノズルが前後運動をする中で、タペットプレートがセクターにあるカムから解放されて、スプリングの力で一番前に前進した後、バウンドして跳ねていた。

このことが通常の電動ガンで発生しているならば、ホップチャンバー凸部付近でBB弾が定位位置に収まらずに毎回微妙なズレを生じていると考えた。
ノーマルのホップでは凸部とノズル前進位置の間にわずかな隙間(クリアランス)がある。
特に軽量弾0.2gBB弾を使う場合は、アームからの押し出しが少なく、クリアランスは大きくなる傾向にある。

ハイブリッドチャンバーの場合は、その構造上、ノズルはBB弾を押し出す力はノーマルよりもかかる。
力がかかると言うことは、先に述べたノズルのバウンドが抑えられる。

実際にセミオートで発射される前の弾丸位置を銃口側から測定すると、ほとんどクリアランスは認められない状況であった。

このことから、ハイブリッドチャンバーはBB弾を定位位置にセットしていると考えられる。

実際にG&G0.25g弾での弾道は素直で、40mで幅15cmのパイプに快調にヒットしていた。



しかし、トラブルというか欠点があった。
数発に1発、弾道が暴れるのである。
これについては、チャンバーゴムの弾性が問題ではないかと予想している。





②「ハイブリッドチャンバーの特徴であるホップ回転をかける凸部(以下、凸部)の形状は有効であるか」

これについては、BB弾の重量で左右されないように0.2g 0.25g 0.28g 0.33g の4種で測定した。

結果から書くと、素晴らしい弾道であった。
弾の精度に依存するが、飛距離・グルーピングともに満足行くものであった。

スコープのレティクルを沿う弾道で、大変素直なだんどうであった。






このことから、凸部の形状は最後は△の収束型が有効であることが明らかとなった。(画像は参考例 2点ホップよりも、弾道特性は有効であると考えられる。)




さて、今後はハイブリッドチャンバーゴムの剛性調整やバレル切り欠きの詰めを進めていきたいと思う。  

2016年10月22日

ホップ切り欠き G17+うましか Ver



今回は実践編。
SAI G17に対して、バレルを換えてみた。
PDI パルソナイト Φ6.05




もともとの長さが長めの物を買っていたので、長さを計って旋盤でカット。
ステンレスは硬い…(T_T)

ホップ切り欠きを「うましか」甘口用に加工した。

ダイヤモンドツールにて少しずつ削っていった。
ホント、このバレルは硬い。

パイプカッターとかじゃ切れないんじゃないかな?



上からアームが押さえつける位置を確認し、少しホップパッキンのBB弾が接触して回転を与える部分の傾きがつくように、バレルの切り欠きを加工してみた。

あしたの豚小屋フィールドにて試射。  

2016年10月20日

電動ガンのホップパッキンについての考察6



実際の画像を掲載しようと思っていたが、いろいろなことを考えてイメージ図にてご了承を。

9mmの切り欠き(一番深い個所)以外の切り欠き部について、あれこれトライ&エラーをした結果、1J以内の出力では硬度60~65くらいのパッキンを用いて、この図のような切り欠きが飛距離とグルーピングが良かった。

もちろん、図解においてボカシている部分もある。
しかし、フライス盤を用いて、ある程度精度を出せるのであれば、図解を基に寸法をおこしてトライ&エラーをしてみれば、興味深い結果がでると思う。

メインスプリング、シリンダー容量、ノズル出口の口径、様々なパターンを試して得られたデータをネタに協議できれば…と願う。  
Posted by 法春(ほうしゅん) at 23:34Comments(2)カスタムに関する考察(独り言)

2016年10月19日

電動ガンのホップパッキンについての考察5



さて、閑話休題

ホップの切り欠きについて、少し話を進める。

画像は切り欠きを縦方向に極端に拡大したものである。
このサイズの切り欠きでは、バレル長363mm 電動ガン フルシリンダー 120%スプリング プリテンション8mm でんでんむし というパーツ構成時で、0.3gギャロップ弾 30mの距離でのグルーピングが一番良かった。

しかし、スプリングを徐々に強くし、バレルを初速調整のために30mm毎にカットしていく過程において、この切り欠き出口付近での接触痕が強くなってきた。

M110~130クラスのスプリングを使うにあたっては、発射されたBB弾に切り欠き角で接触したような凹みが見られた。

そこでM100スプリングだけに絞り、切り欠きをどれくらい拡大したら良いか?という実験を行った結果、切り欠きの長さは9mmがベストという結論であった。
もちろん、スプリングや他のパーツ構成で、この数値は変わるであろうが、いくつかの条件下でデータをプロットした結果、ある程度の汎用性が保てるのは9mmであった。

縦方向への延長が9mm。では横方向は?と思われるが、これは次回示したい。  

Posted by 法春(ほうしゅん) at 22:26Comments(0)カスタムに関する考察(独り言)

2016年10月19日

ホップパッキンの凸部



今回は考察ではなく、つぶやき程度のことを。
いろいろなところから様々なホップパッキンが発売されている。

特にホップ回転をかける凸部については近年、各社様々な工夫を凝らしたものを出している。
もちろん、なにも凸がないフラットのものも含め、ユーザーとしてはエンスージアスト魂を揺さぶられるものばかりである。

画像は海外メーカーのものであるが、案外、「組み込んで使えるもの」ばかりで、バレル加工必須のものは見当たらない。

国内の長かけホップ用の押しゴムにしても、「入らなければ押しゴムを前後カット」するとしているものが多い。

これについてはいつも「もったいない!」と感じている。

是非とも、チャンバーやバレルを加工し、長い距離でホップ回転をかける弾道を試していただきたい。

良い結果がでるとは限らない。
しかし、同じ事をしていてもブレイクスルーは得られない、というのが私の信念である。

以上、ぼやき失礼。
  

Posted by 法春(ほうしゅん) at 13:43Comments(0)カスタムに関する考察(独り言)

2016年10月18日

電動ガンのホップパッキンについての考察4



「リリースポイントの剛性と弾性」について。

考察3で、リリースポイント付近の剛性と弾性について、この塩梅次第でバウンドが変わるのではということを書いた。画像は、シリコンゴム製のパッキンで、バレルの切り欠きとパッキンの凸部の位置関係が分かりやすい。
この図で言うならば、ある程度の弾性、つまり切り欠きの大きさがあったほうが「タメ」ができるようで、飛距離とグルーピングが向上した。
縦方向の切り欠き拡大と横方向の拡大では、結果が異なることも分かった。


ここで少し私が考えるバウンドのことについて補足をすると、ホップパッキンの上からアームが押さえつけるトルクが増えれば増えるほど、バウンドの回数は増えると考えている。

また、発射されるBB弾の加速度とバレルの長さで、「バレルの内部で何度バウンドするか」変わることは想像できる。

現在の多くのチャンバー機構は、アームから下方向へのトルク、つまり押さえつけることで回転数を調整するものとなっているが、それ意外にホップ回転を変える手だてはないものか、ということを考えた。

ここで思いついたのは、緩くホップをかけた状態で、適性なホップをかけるには”長い距離”でかければよい、ということである。長かけよりもはるかに長い距離で。



(この画像は実験用のもので、これが解ではないことを付け加えておく。)

「グルーピングを競う場合は0.3gBB弾を使い、”長がけ”の長さで調整し、適正な初速とラージボアのバレルで加速度が一定となるようにノズル出口を絞り気味にしたセッティングにすればよい」という仮説を立てた。

そこで上の図にあるバレルを作り、数種類のパッキンを作成、いくつかの実験というかセッティングを試してみた。

ある程度の結果と方向性は見えてきたが、結論から言うと、非常に難しい課題が新たに出てきた。
(良い結果が出るときは極端に良いが、ちょっと変えると上下に散りまくる。)

それは、上の画像でいうところの、切り欠きの銃口側付近で発生した課題であることが分かった。

このことは次の記事で書きたい。  

Posted by 法春(ほうしゅん) at 21:34Comments(0)カスタムに関する考察(独り言)